人生二毛作、50歳、60歳代のアクティブ・シニアによる本格的な起業を支援します。

「シニア起業」では、ビジョンを「錦の御旗」と思え。

シニア起業に関わらず、事業化をするに際して最も大切なことにビジョンがある。ビジョンはその企業の将来あるべき姿を具体的に明示したものだ。ある意味では企業としての「錦の御旗」と言える。社内外への企業のイメージ戦略の要として、分かり易く簡潔でなければならない。そして安直に変えるべきものではない。

ビジョンを具体化するには、「経営理念」「経営目標」それと理念を目標に到達させるための「経営方針」の3つが構成要素となる。そして、それを最終的には「経営計画」に落とし込んで、具体的な内容、数値として社内に周知徹底させる。このようにビジョンは概論ではあるが事業全般を支える源であり、その企業の存在意義を社内外に知らしめる重要な役割を担う。

シニア起業に限らず、創業時のメンバーと後から参画したメンバーとでは必然的に会社に対する思いが異なる。また、創業前から事業化に思いを馳せてきた創業者と創業時から参画したメンバーとでも異なる。だから「全てのメンバーが常に共有できるビジョンが重要」となる。また心を一つにして社内のモチベーションを常に高く維持する上でもビジョンは大切な意味を持つ。

起業家読本 「人生は二毛作」
TOPページに戻る

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.