人生二毛作、50歳、60歳代のアクティブ・シニアによる本格的な起業を支援します。

「シニア起業」には、ベストなタイミングがある。

50代以降のシニアが起業を考えることは、若い30代、40代で起業を考えるよりもはるかに「リスクは少ない」と云える。仕事の経験年数も長く、市場も熟知して、人脈もあり、お金も少しはあって、子育ての心配もない、そしてそれなりの信用もあり、経営に携わった人も多い。このように考えてみると「シニア起業の方が確実にリスクは少ない」と云える。

シニアが起業を考え始めるタイミングとしては40代がベストと云える。子供への責務を果し終える時期云々もあるが、違う視点で見ると40代に入ると、会社の中での自分の行く末も見えており、改めて自己の将来、「可能性を見直すには良いタイミング」となるからである。そして起業したいと思うならば十分な準備期間をとって起業することだ。例えば準備期間として5~10年かけても、それは惜しくはないはずだ。

それと起業をするには「時を得ることが大事」だ。要は自己を取り巻く時流だ。これを誤ると勝算が大幅に狂うことになる。新しい技術が開発された。新しい制度が始まった。新しい人財と出会った、新しい市場ニーズが生まれた等、そのタイミングを逃さないことだ。そのためには常に世の中の動きや対象マーケットの動静を敏感に捉え、常に自分を受け皿状態まで高める必要がある。

起業家読本 「人生は二毛作」
TOPページに戻る

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.