人生二毛作、50歳、60歳代のアクティブ・シニアによる本格的な起業を支援します。

「シニア起業」の大前提は、頭の切り替えが出来ること。

シニアが起業をするに際して大事なのは、自分自身が起業家になれるかどうか。違う言い方をすると、「大企業病、サラリーマン根性からバイバイ出来るかどうか」だ。これは持って生まれた性格もあるが、その人の育ち、過去の生き様、経験によるところが大きい。長年肌に染み込んだものは起業をしたからと言ってそうは簡単には直らないものだ。

シニア起業をするには、「何でも自分でやると言う心構え」が必要だ。しかし、単身赴任での1人住まいのような甘い気持ちは許されない。計画立案、営業活動、広告宣伝、資金管理、事務作業等、極端に云えばトイレの掃除まで自分でやることになる。そして、最終的にはその多くを人に任せることになるが、起業する以上、経験的にも全てのことを一度は自分でやるだけの覚悟が必要だ。

シニア起業をするにあたって欠かせないものの一つに「PCスキル」がある。事業に必要なマーケティング情報の収集や、プレゼンテーション資料の作成、仕事先や社内とのコミュニケーション、ビジネスにはPCスキルは不可欠なものだ。それも幅広く云えば、PCだけではなく、iPhone等も含めヘルプなしで自由に使いこなせるよう事前の勉強が必要だ。

起業家読本 「人生は二毛作」
TOPページに戻る

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.